Kyojiのよろずひとりごと

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

家の前に犬の糞を置きっぱなしにする飼い主

私も飼い主と愛犬のための「[http://homepage1.nifty.com/hyb-music/pet.htm:title=ペットミュージック]」なる作品があるし、日本が世界でも有数のペット大国であることを基本的にはいいことだと思っている。

だがそれは飼い主が愛犬に対する愛情云々以前に人間として最低限のマナーを守っていることが大前提である。 しかし残念ながら最近そういう最低限のマナーを守らない、守ろうとしない飼い主も増えているのが困ったものである。

実は最近私の自宅の前に毎日のように犬の糞が放置されている。糞はそれほど大きくないのでたぶん小型犬、愛玩犬の類と思われるが、犬の散歩途中の糞を始末するのは当然のマナーだと思っているが、それを全くしないで毎日放置している。家の前を四六時中監視できればいいが、残念ながら私はそこまでヒマ人ではないので、まだ現場をおさえたわけではないが、明らかに同じ飼い主である。

結局これを片付けるのはうちの家族になってしまうが、今日はわるいことに車のタイアがそれを踏んでしまったために余計に後始末が大変になってしまった。全くどうしてくれるのか、と怒りが込みあがってくる。

これは私の自宅だけでなく、私の家がある住宅地の道端にもよく犬の糞が放置されているのをよく見かける。うちの住宅地の住民なのか、住宅地の近くの人間かはわからないが、非常にマナーの悪い飼い主が目立つ。

日本人は元来世界でもマナーのいい国民だったはずだが、最近それがすっかりなくなってしまっているようだ。本当に残念なことである。