Kyojiのよろずひとりごと

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

集中治療室

昨日天皇陛下が心臓のバイパス手術を終えられましたが、私は別に天皇崇拝者でもないですし、勿論右翼なんかではありませんが、とりあえず手術は成功してよかったですね。年齢的に私の母親と同世代なので..

現在は集中治療室にいるようですが、実は一ヶ月前私も集中治療室ー通称ICU(Intensive Care Unit)にいましたのでそれを思い出してしまいました。
緊急手術ーその手術も予想以上に長時間になってしまい午後二時に始まって終わったのが夜の十一時、意識が朦朧としながら手術室から集中治療室に移動しているのを何となく覚えています。

この集中治療室にいる時が入院期間で最も辛い時期でありました。女房にその当時の写真を撮られてしまいましたが、まるでサイボーグのように体中に管がつながれ人工呼吸器までつけられていました。

一番辛かったのは人工呼吸器ですね。本来なら意識のない人間が使うのですが意識があるのにつけなきゃならない。しかも自分のペースで呼吸ができないんですね。しかも乾いた酸素なので喉がカラカラになる。今上天皇の場合は心臓なので集中治療室でも食事等は出ると思いますが、腸閉塞で手術の私は水すら飲むことができない、口の中が乾いた状態で過ごさなければなりませんでした。

その後、一日ごとに少しずつ管がはずされ人工呼吸器も酸素供給の管に変わったりして3日3晩のICU生活から一般病棟に移動、最後の点滴がはずれたのは手術から一週間後

やはり入院なんてしたくないもんですね。当たり前ですが...

その後回復は順調で結果的には予定より早く退院できました。3日3晩のICU生活の時はどうなるかと思いましたが...

現在はおかげさまで通常の業務に完全に戻っております。今週は結構重要な動き、今まで仕込んできたことに対する結果が見えてきますので気が引き締まる思いです。やはり健康が一番ですね。少なくとも向こう10年は病院のお世話にならないようにしたいと思っています。

というわけで同様に天皇陛下の一日も早い回復をお祈り申しあげます