Kyojiのよろずひとりごと

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

「耳をすませば」のモデルの地元の桜

私の住んでいる街名は「桜ケ丘」というのですが文字通りの街です。またジブリ耳をすませばのモデルななった街です。



一見満開のようですが、よく見ると8−9分咲きという感じですね。やや希望的観測も入っていますがあと一週間くらいは持ってくれるんじゃないかな、と期待しています。

もっとも私の地元は都内と比べると2度くらい違うので私の予想はあまりあてになりません(笑)

街並みが耳をすませばのモデルになったということで週末になりますとカップルや若い人が多く来ます。
地元では「耳すま族」と呼んでます。

主人公月島 雫がお参りした神社がここです。右手の箱は「おみくじ」で耳をすませばの話とおり、恋愛にご利益があるといわれています。(ホントかどうかは知りません(^^:))



ここも「耳をすませば」の舞台となったいろは坂の横の桜です。ちなみにここを下るとかつて高畑さん宮崎さんが在籍していた日本アニメーションが今もあります。同じ地元の商工会で一度名刺交換もしたことがあります。

耳をすませば」の舞台のロータリーです。実際には骨董品の「地球屋」は勿論ありません

今年は例年よりかなり早く桜が咲いてしまいました。3月でお花見が終わっちゃうというのもさびしいですね。