Kyojiのよろずひとりごと

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

危険過ぎる法律ー秘密保全法反対のパブリックコメントを書きましょう

このブログでも安部政権がどれだけ危険な政権であるかについて再三再四指摘してきましたが... (誰も聞く耳持っていないので、最近この関係の記事を書こうという意欲がそがれていますが...)

安倍首相はすぐに憲法改正はできないと判断するや、今度はとんでもない法律で国民の知る権利を制限し、言論統制をはかろうとしています。

この「秘密保全法」は事実上、国民の知る権利を阻害し、政府にとって「都合の悪い情報」(たとえば福島原発のこととか)を全て「国家機密」にして正しい状況把握を阻害させる道を開く法案になります。

例えば福島原発の水漏れ事故を政府が勝手に「安全保障上の機密」としてしまえば、福島原発の実情を調べることは「秘密保全法」に抵触することになります。(「安全」の意味が違いますが、官僚得意の詭弁を使えば簡単にそう指定できてしまいます。)

そうすると「汚染水の問題はコントロールできている」などと世界に向けて大嘘をついた安部首相はこの「秘密保全法」福島原発事故をなかったことにする」ことも可能なわけです。

普段は政府の政策にどちらかというと好意的な日経新聞ですら問題点を指摘しています。

■疑問点があまりに多い秘密保護法案
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO59415920X00C13A9EA1000/

国の安全や外交にからむ機密情報の漏洩を防ぐため、新たな法律をつくる作業が進んでいる。政府は法律案の概要を公表し、一般からの意見募集を始めた。秋の臨時国会に提出する構えだ。


 この法案には疑問点が多い。そればかりか法律の必要性そのものについても議論の余地が残る。もとより国民の権利侵害につながりかねない重大な問題である。さらに丁寧に説明を尽くし、慎重に検討を重ねていくべきであろう。


 法案では、防衛、外交、安全脅威活動、テロの4分野のうち特に秘匿すべき情報を、各省の大臣が「特定秘密」に指定する。公務員がこれを外部に漏らした場合、最高で懲役10年の刑罰を科す。


 特定秘密となりうる具体的な事項については、法律の別表で「安全保障に関する外国政府との交渉」などと個別に定める。だがこの規定は広すぎる。秘密の範囲拡大に歯止めがきかず、都合の悪い情報を隠す形で使われかねない。


 秘密の指定が妥当かどうか、事後的にでも検証できる仕組みが必要ではないか。さらに、一定期間が過ぎれば開示したり、個別の指定に対する異議や不服を受け付けて裁定する機関をつくったりすることも検討すべきであろう。


 罰則も重すぎないか。幅広く秘密の網をかけて重罰を科せば、公務員の側は萎縮してしまうだろう。本来公表すべきものまで秘密にするような副作用が心配される。2005年に個人情報保護法が施行された際の過剰反応を考えれば、十分起こりうることだ。


 秘密情報は受け取った側も罰せられる。正当な取材行為は処罰の対象にならないが、何が正当なのかは明確ではなく報道の自由にも悪影響が及ぶこうしたことと合わせて、国民の知る権利が制約されるおそれがあるのだ。


 安全保障にかかわる機密の保持は重要である。だが新たな法案にどの程度の効果があるかは不透明だ。漏洩への処罰規定がすでに設けられている国家公務員法(最高刑懲役1年)や自衛隊法(同5年)など現行の枠組みでは本当に対応できないのだろうか。情報管理体制の強化こそが第一であることも忘れてはならない。


 国の情報は公開が大原則のはずだ。これまでの情報公開への取り組みや公文書管理の扱いを見ていると、政府は原則をなおざりにしたまま、情報の囲い込みにばかり目を奪われているように思える。

さらにこちらもお読みください

■秘密保全法に反対する 愛知の会(特定秘密保護法案に反対)
http://nohimityu.exblog.jp/2072075/

上記のようにこの法律、歯止めらしい歯止めが殆どありません。政府が不埒なことを考えれば簡単に情報統制、日本を警察国家にすることができる法律です。

このままでは日本が憲法改正する前に警察国家になってしまいます。知らないうちに知る権利が阻害され、知らないうちにどんなとんでもないことが起きても国民の大半が知らない、などという北朝鮮のような社会になってしまいます。

この法律は極めて危険な法律と言わざるを得ません。

パブリックコメント9月17日までネット経由で書くことができます。

■「特定秘密の保護に関する法律案の概要」に対する意見募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060130903&Mode=0
↑このリンク先をクリックしていただき同ページの下部分に「意見提出フォームへ」のアイコンをクリックしますと別ウインドウが開き名前や住所、意見を投稿するフォームが出てきます。

全てを記入したあと「確認画面に進む」をクリックして内容を確認の上送信してください。

無関心でいると気が付かないうちにこの国がとんでもない社会になっている可能性があります。皆さんでパブリックコメントでまずは、反対の意思を可能な限り多く寄せましょう。

<緊急アップ>
秘密保全法に抗議するための音楽ビデオを作りました。