Kyojiのよろずひとりごと

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

集団的自衛権ー堕ちた公明党 良心的議員は離党せよ

既にご存じの通り本日自民党公明党が「限定的」(?)といいながら集団的自衛権の容認という60年にわたって続いてきた日本の平和主義政策の歴史的変更を正式に発表した。
閣議決定案は「日米安全保障体制の実効性を一層高め、日米同盟の抑止力を向上させることにより、武力紛争を未然に回避し、わが国に脅威が及ぶことを防止することが必要不可欠である」としている。

■安倍首相、安保政策の歴史的変更へ
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303844704580001793297580862

まさに憲法よりも「軍事同盟」を優先する立憲主義を放棄する暴挙と言わざるを得ない。

安倍首相は「抑止力を向上させ、武力紛争を回避し、日本に脅威が及ぶことを防止する。」としているがこれは大嘘。

60年に及ぶ平和憲法を捻じ曲げ、戦争ができる国にしてしまった以上、そうですか、それではヤりましょうと、好戦的な国が大手を振ってけしかけてくる可能性の方が高くなる。

そして相も変わらずだが、首相官邸の前は4万人以上の集団的自衛権に反対する集会が開かれたことをマスコミが全く報道しようとしない。朝日を除く全てのマスコミが政府の御用新聞となったということだろう。(またどうせ石破はこれをテロというんだろう


この前の記事、で公明党がなぜ豹変したか、という一つの説を真偽のほどは別として述べたが明らかに党是を変えた公明党はもはや「平和の党」と呼ぶことはできまい。

そんなにまでして政権にしがみつきたいか、とも思うが当然ながら地方の議員を中心に反発が強いだろう
集団的自衛権:公明、地方から異論 「慎重・反対100%」「連立離脱の声」
http://www.mozilla.com/ja/firefox/central/

はっきりいってこれで公明党は終わったと思う。

もし公明党の基本理念である「平和の党」としての存在意義をまだ維持したいと思っている良心的な議員や支持者たちに呼びかけたい

今の公明党離党して新党を結成せよ!

お断りしておくが私は創価学会とは何の関係もない。持つつもりもない。

だが今日のことでもはや公明党党としての存在意義はなくなったといっていい。

今回のことで一般国民に下の図と同じものが送られてくる可能性が出てきた。下の図は太平洋戦争時に実際に送られてきた赤紙である

自民党公明党を支持した人たち、は皆さんの夫、子供、孫、恋人が赤紙1枚で戦争に連れて行かれることを覚悟しなければならない。そして前回の衆議院参議院選挙に投票にいかなかった人も結果的にはこれを支持したことと同じになる。

但し、1つだけまだチャンスがある。ここが昨年末の国家機密保護法と根本的に違う点だ。

それは  閣議決定には法的拘束力がない、  ということ。

つまり安部政権をぶっつぶせばまた元の日本に戻るのだ。

そのために今できること

・まず安部政権を憲法99条違反で告発すること
99条にはこう書いてあります
天皇又は摂政及び国務大臣国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

今回の解釈改憲は明確にこれに違反する

今こういう運動がある。
■日本弁護士連合会へ: 安倍内閣を憲法違反で訴えるよう即します
https://secure.avaaz.org/jp/petition/petition_5384b840a7a7a/?sFizPhb

共感される方は是非署名してください。

そして首相官邸への抗議  安部なんかどうせ何いったって無駄だなどと思わないで声を揚げ続けよう
内閣官房ご意見フォームhttps://www.kantei.go.jp/jp/forms/cas_goiken.html
首相官邸HPご意見フォームhttp://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

集団的自衛権について声を揚げよう❗️

そして何よりも 安部政権に対して明確に不支持を表明すること。
世論調査、選挙(国政選挙は当分ないので地方選挙等で自民党公明党以外に投票)

これ大事だ。いくら独裁的な体質の政権でも支持率が急落すると政権維持ができなくなる。少なくとも まだ... ね

公明党でまだ反戦、平和の理念を維持したいと思っている良心的な議員の皆さん。いますぐ離党せよ。

もう今の公明党には未来がない